• facebook
  • twitter
  • youtube

卒業生からのメッセージ

iBSで様々なチャンスを活かすことを学びました。

iBS外語学院 第33期卒生 和田由紀子さん(Kafka)
写真左から3番目
イギリス ヨーク・セントジョン大学 教育学専攻

iBSで様々なチャンスを活かすことを学びました。日本人初の奨学生としてYork St John Universityに入学し、現在まで数々の貴重な出会い、体験に恵まれてきました。それらはIQや偏差値の高さからではなく、人との縁で生まれたものばかりでした。チャンスを掴もうと努めていると、自分の前に世界が広がるのを感じます。金銭的な余裕があれば、どのような形であれ留学することは可能ですが、チャンスを掴み、それを活かす留学ができているのは、iBSで学んだからだと断言できます。

開陽高校出身。iBSで一年間英語と国際教養を学び、イギリス・ヨークセントジョン大学へ留学。教育学を専攻する。成績優秀者として奨学金を獲得する中、同大学の交換留学生としてノルウェイ留学の経験もする。

学問を通し、希望と夢をもつことができた。

iBS外語学院 第38期卒生 朝木一仁さん (Lilo)
アメリカ サザンネバダ大学 ツーリズム学専攻

高校時代、(今となっては幸運なことにも)日本の大学受験が上手くいかなかった私は、当時「自分には能力がない」と、不安になり、悩んでいました。しかし、英語を使って進学したいという思いは強く、iBSで英語を磨こうと入学を決意しました。iBSでは英語を学ぶのではなく、「英語という道具」を使って、様々な教科を学びます。そして、自分の学びたいことを「日本文化」という形で研究します。しかも、それを世界に向けて発信するのです。どれもこれも、iBSだからこそ体験できたのだと思います。私は学問を通し、希望と夢をもつことができました。それを与えてくれたのはiBSです。
I have nothing but dream.

大島高校出身。学校の先生からの紹介でiBSと出会う。iBSで、英語と国際教養を学び、アメリカ・サザンネバダ大学へ留学。将来は、奄美大島の発展に尽力したいという志をもち、留学先のネバダでも積極的に国際交流活動を続けている。

既存の教育では決して学べない「自分を知る為の学問」を学んだ。

iBS外語学院 第39期卒生 下山福太朗さん (Elvis)
写真右から3番目
アメリカ ブリガムヤング大学 政治学専攻

iBSに入学した当初の私は、所期の目標を達成することだけに激しく没頭し「大切な“何か”」を失っていました。いわゆる「自己中心的な人間」だったのです。しかし、iBSの卒業を迎える頃、私に大きな変化が訪れました。異年齢教育を柱とするiBSで「多様性」「好奇心」「比較文化」の重要性、そして「武士道」等の日本文化を学ぶことによって自分を見つめ直し「大切な“何か”」を取り戻すことができたのです。私はiBSで、既存の教育では決して学ぶことのできない「自分を知る為の学問」を学びました。この経験は将来、私の人生に多大な影響を与えるでしょう。iBSで学んだことの全ては、私の財産です。

鹿児島実業高校出身。将来は、政治家を志している。日本の一流大学進学を目標に勉強を続けていく中、「偏差値以上に人間力を磨く学問」の必要性を感じ、留学を決意する。アメリカ、ブリガムヤング大学に留学。

「打破していく力」を手に入れた。

iBS外語学院 第37期卒生 志々目奈穂さん(Clair)
写真一番左
アメリカ カリフォルニア州立大学 フラトン校 会計学専攻

私がiBSで「何」を学んだのか。本当に理解をしたのはアメリカで生活をはじめた時でした。iBSを卒業した時、私は英語を道具として使うことを学び、対話能力を培い、日本文化を理解したこと、これらをiBSで学んだのだと思っていました。しかし、本当に手にいれた力。それは「打破していく力」と感じています。文化も考え方も違う国で、第二言語で大学で学ぶことは、たくさんの苦労や困難があります。もし、「打破する力」がなければ、私は留学を続けることができなかったといっても過言ではないと思います。

開陽高校出身。高校の先輩からの紹介でiBSと出会う。iBSで、英語と国際教養、日本文化発信技法を学び、留学を志す。日本文化をこよなく愛する心の持ち主。現在、カリフォルニア州立大学・フラトン校に留学。

何にでも挑戦できる自信が、今、僕にはあります。

iBS外語学院 第33期生 坂元一喬さん(Eric)

高校3年生の頃、英語だけが得意で、将来は英語を使った仕事に就くんだろうなあと漠然と考えていた僕は、国公立大学に入ることが一番安定した将来であり、一番の親孝行だと思っていましたが、それを見事に南徹学院長が覆してくれました。世界に出るなら日本人としての品格を持て、物事を多方面から見ろ、そして英語は世界では話せて当たり前だということ。僕は、学院長の教育哲学に惹かれ、その春には大学に合格し、両親を納得させた上でiBSに入りました。

卒業した今、あの時の決断を後悔することは全くありません。それくらい、何にでも挑戦できる自信が、今、僕にはあります。こんなに充実した濃厚な1年間を過ごせるのはここだけだと自信を持って言えます。

鹿児島中央高校出身。大学入試センター試験の英語は、200点満点中198点を取得する程の実力の持ち主。iBSを知ることになったきっかけは、駅前掲示の1枚のポスター。この運命的な出会いからiBSでの学びを通して、現在はハワイに在住するビジネスマン。

1年間で多くの誇りを見つけ、その誇りが私の自信に繋がった。

iBS外語学院 第40期生 香川衿菜さん(Evan)

「あなたは、私たちの大学にどのように貢献してくださいますか?」
アメリカの大学に進学を決心した際に大学側から質問され、私は全く答えることができませんでした。答えるには、あまりにも自分のことも、自国のことにも無知すぎました。そんな時に、iBSに出会いました。

「自国を知らずして、国際人を名乗るなかれ」

当時の私にぴったりの言葉が学院の教室に掲げられていました。そして、たった1年間で多くの誇りを見つけることができ、その誇りが私の自信へと繋がりました。遊ぶように学び、学ぶように遊ぶ…この言葉を自ら体現してくれている学院です!

鹿児島情報高校出身。アメリカの大学へ進学準備中にひょんなことから、高校の先生の紹介でiBSに出会う。
海外へ飛び出すには、まずは己を知るべし!と決心し、iBSヘ入学。卒業後は、ディズニCRプログラムでアメリカ・フロリダに勤務。現在は、鹿児島市内で貿易業に携わり世界を舞台に活躍中。