• facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube

Voice from iBS

【卒業スピーチが出来上がるまで】

2020.02.10

 ”初めての原稿は初恋のようなもの、
それを忘れさせることは至難のわざである”

ーイタリア人作家 ウンベルトエーコの言葉より


学院全日制の第45期生たちの卒業スピーチまで、遂に2週間を切りました。
この原稿は学生たちの血と汗の結晶であり、子供であり、初恋のようなものであると言っていいものです。


今日はそのスピーチがどんな風に出来上がっているのか、皆さんにその秘密を公開したいと思います。

1. なぜ書くのか、書くモチベイション(動機)について真剣に考える

2. (テーマに関する)人に会う、本を読む、資料を読み込む&書き始める

3. 自分の中のA級、B級の感性を総動員して、また、主観と客観を上手に使いながら、論点を整理&文章の編集
*論点を考える時はミステリー作家の気分で♪

4. 英訳する

5. スピーチ原稿からスピーチパフォーマンスへ転換

6. 圧倒的な努力で自分のスピーチ道を極める


これだけの過程を経て、学生はスピーチを仕上げます。
そして出来上がった原稿を我が子のように愛おしみ、一生忘れない体験をステージ上で味わうのです。

ぜひ!ぜひ!みなさん、ステージを見に来てくださいね♪

というわけで本日の人生応援英語名言は:
"The first draft is like a first love. It's difficult to make people forget about that."
「初めての原稿は初恋のようなもの。それを忘れさせることは至難のわざである」


【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
下記をフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね!

https://twitter.com/ibsgaigo
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
www.ibs-gaigo.com