• facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube

Voice from iBS

日本よ、循環する勝負の波をつかもう!

2020.03.17

 日本が、人類が向き合わなければならない、未知のウイルス・コロナとの闘いが続いています。

隣の人がクシュンと咳をするだけでも、その人を責める状況もちらほら (> <)


「仕事は激減、一体どうしたらいいんだろう...」、「時間を持て余してしまう」
「いつ収束するのか先行き不透明」...そう悩んでいる方も多いことでしょう。


世界的に不安定なこの時期...一体どう過ごせばいいのかと悩んでいる方も少なからず?
いるのではないでしょうか。


人(の立場、環境)によって答えは様々かと思いますが...
iBSの答えはこれ!

“レ・キ・シ にたずねよ”
こういう時こそ、歴史にたずねましょう。
Ask Japanese history of this! です。


あの!室町時代に誕生した不世出の天才能楽師・
世阿弥(←日本史の教科書で名前はお馴染みですよね?)
の言葉に “男時、女時” というものがあります。


これは世阿弥が、刻々と変化する『場』の『機』を捉えることの大切さを日本の子孫に伝えようとした

言葉だと思います。


『男時とは、こちらに勢いがある時のこと』
『女時とは、向こうに勢いがある時のこと』


今この世界は、ウイルスたちに勢いがありますが、やがてその勢いは必ず人類に戻ってきます。
人類にとって、今は女時と言えるのかもしれません(> <)


『この世の中の現象は、良い時と悪い時がめぐり巡る波のようになっている...
勢いの波が相手にいっている時には、そこで負けることは気にせず、いたずらに勝ちにいかない。
むしろ、自分の方にやがてやってくる勢いへの準備期間として鍛錬すべき時と考える』

これは、世阿弥がその著書・風姿花伝の中で、私たちに教えてくれている言葉です。


今だからこそ、
“女時の時にこそ、男時のための準備をしているのか”
と世阿弥から問われているような気がしています。


というわけで、本日の人生応援英語表現はこれです:

男時(MaleTime=advantageous time to the people)
女時(Female Time=disadvantageous time to the people)

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙂




【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
下記をフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね!

https://twitter.com/ibsgaigo
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
www.ibs-gaigo.com