• facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube

Voice from iBS

英会話に学ぶ異文化での「心構え」と「言葉構え」

2019.04.13

実践的な英会話を学ぶと、

異文化での心構えと言葉構えに関することが学べます。

本日は、「door holding

ドアを開けて、そのドアを押さえ(hold the door)て後から来た人の手間を省いたり、その人を先に通してあげるということが行われます。

男性がデートの相手に、夫が妻に、男性が母親にといった具合に、男性がイニシアチブをとることが多く、それはchivalry(騎士道)に由来するgentleman志向に基づいているということです。

ドアを開けて、

"Please go ahead."(どうぞお先に)、

Thank you."(ありがとう)、

You're welcome。”(どういたしまして)

というのが一般的な流れだが、

お先にといわれた方が女性であれば、

そのまま黙って先に入ってしまってもよいそうである。

しかし、男性と女性の年齢さが大きい場合など、女性のほうが遠慮してお先にどうぞという場合があるようです。

After you."(お先にどうぞ)

No, ladies first." (いや、レディーファーストで)

Thank you." (ありがとう)

という場合もあるが、女性のほうが

Age before beauty." (美の前に年齢を)

ということがあるようです。

これはユーモアを含んだ発言とされていて、

男性は

All right."

と、

負けて受けるのが普通だそうです。

世界語とされる英語は多くの新しい扉を開いてくれます。

English can open many new doors.